1人の講師が数人の生徒を担当する個別指導塾のデメリット

集中力が上がりにくくて質問もしにくい

1人の講師が数人の生徒を担当する仕組みの個別指導塾では、生徒の集中力が上がりにくいのがデメリットです。他の生徒の指導をしているときには自分がないがしろにされているという気持ちが生まれてしまい、ふてくされてしまうこともあるでしょう。それが原因であまり授業による学力向上の効果が得られないこともしばしばあります。また、マンツーマンではないために質問をしにくいこともよく知られている問題点です。他の生徒の迷惑にならないか、変な質問をして恥ずかしい思いをしてしまわないかというのが気になってしまいがちなのです。質問慣れしていない生徒の場合には特に大きなデメリットになる点なので塾選びのときには注意しましょう。

講師の力量による影響が大きい

一対数人という形の個別指導塾では講師の力量によって授業の良し悪しが大きく左右されるのもデメリットです。マンツーマン指導でも集団授業でも講師の力量による影響があるのは確かですが、複数の生徒を同時に見るのはかなりスキルを要求されることから講師の力量が質に大きな影響を及ぼします。特に違う学年の生徒を同時に教えるとなると頭の切り替えが必要で大変になりがちです。時間配分も適切に行わなければならないため、経験を積んでいる講師でないと適切な授業を行えないのが一般的な傾向です。そのため、実績も評判も良くて優秀な講師が集まっている個別指導塾を選ばないと通っているのに学力が伸びないという状況に陥るリスクがあります。